効果的な治療法|免疫療法でがんをやっつけよう【咽頭がんや乳がんに効果的な治療】

医師に相談しよう!【様々な種類の免疫療法】

免疫細胞治療は種類が多い!人気の治療法ランキング

no.1

副作用が少ない点が注目を集める『NK細胞療法』

ヒトの体内に存在しているNK(ナチュラルキラー)細胞はその名前が示すように、とても強い細胞殺傷能力を秘めています。NK細胞は常時体内の異常や感染に目を光らせているリンパ球の一種です。あらゆる部位のガン細胞にも効果を発揮するほか、そのほかの抗体用医薬との併用も可能とされています。

no.2

ガン細胞を強力にアタック!『アルファ・ベータ細胞療法』

T細胞と呼ばれる、強い攻撃力を持つ細胞を利用する免疫療法です。T細胞を活性化させ、尚且つ増殖した後に体内へと戻してガン細胞を効率的に破壊する効果を狙います。ガンの進行ステージに関係なく用いられることも有益な治療法です。また、体内の免疫レベルの改善を促すことから放射線療法や投与薬の効果アップにも有益な治療法となっています。

no.3

ピンポイントでガン細胞を攻撃する『樹状細胞ワクチン療法』

細胞異常やガン細胞への感知能力が高いT細胞に指令を出す役割を担っている樹状細胞を利用することでガン細胞が持つがん抗原を目印にしてガンの治療を図る免疫療法です。全身の免疫力を高めてからの治療が望ましく、また個体差があるがん抗原を効率良く判別するための下準備が治療のカギとなります。

効果的な治療法

医師

免疫療法を受けるメリット

免疫細胞療法のメリットとしては、副作用の恐れが少なくてすむことが挙げられます。さらにその他のガン治療との併用が可能である場合が多いことも心強いポイントです。一般的な化学的な治療法や抗がん剤などとは異なり、ガン細胞のみに的を絞って効果的な治療を行うことも可能となります。また薬学的治療から起こる副作用の軽減も期待できます。

治療説明が丁寧な医師がおすすめの理由

免疫療法だけでガンを完治に導くことはなかなか難しく、またガンの進行ステージや発症部位によっても有効な免疫細胞療法は大きく異なります。治療の途中であっても別の免疫細胞療法へ転換したり、化学療法や放射線療法などの併用も必要となる場合もあるのです。その際に、現在の状態や治療内容、今後の見通しなどをわかりやすく伝えられる医師なら信頼でき、安心して治療に専念することができます。

免疫療法とその他のがん治療の違い

自己細胞からガン細胞に有効なリンパ球などを抽出、培養しがん治療への効果を高めたうえで体内へと戻して治療を行う免疫細胞療法ですが、そのほとんどが保険外診療となります。また抗がん剤投与や放射線治療など一般的ながん治療とは異なり、公的に免疫細胞療法の有用性を示す臨床データも不足しているのが現状です。そのため免疫細胞療法に入る前には診療方針や手段、効果が現れるるまでの予想期間そして費用など細かな点を明確にしてしっかり理解したうえで治療に臨むことが重要です。

広告募集中